FC2ブログ

書庫的ななにか

個人的な文章をひたすら載せるだけのブログ。

小説目録

26 Comments
藤崎悠貴
   小説目録



   注意:目録内には十八禁の小説があります。ごらんの際には注意してください。


  更新履歴 2019/06/01 全年齢向け短編「世界の終わりたち」追加
       2019/02/13 成人向け長編「汝、光のなかを進め 第二十一話」追加
       2019/02/11 成人向け長編「汝、光のなかを進め 第二十話」追加


ノンアダルト(全年齢向け)

アダルト(成人向け)



スマートフォンなど上記リンクから飛べない場合は下記リンクからお願いします。

短編(ノンアダルト)
長編(ノンアダルト)

短編(アダルト)
長編(アダルト)
スポンサーサイト
[PR]

フーリー。

0 Comments
藤崎悠貴

 みなさまおはようございます、藤崎です。

 四月になりましたが、世間ではまったく華やかな雰囲気もなく、どこかくすんだような毎日が続いております。

 毎年やっている桜の開花情報も、普段はわざわざテレビで時間を取ってやることかと思いますが、今年に限ってはそういう話題が必要とされている気がしますね。

 しかしまあ、人間そう暗いことばかり考えていても仕方ないわけで、今月もがんばっていくほかありませんね。

     *

 そういうわけでみなさま、FF7リメイクの体験版はやられましたか?

 ぼくは配信の翌日くらいにやりまして、いやあもう滾りまくりでした。

 個人的にいちばん思い入れがあるのはFF8なのでアレなのですが、しかしFF7のあの壮大な物語をあの映像で楽しめる日がくるとは感慨深いですね。

 最近は映像がリアルになった分、世界を救うようなファンタジックな物語がなかなかゲームで表現されにくくなってきていますが、リアルなものと並行してそういうファンタジックなものがあってもいいだろうし、それこそ日本のゲームの強みだと思うので、ぜひFFにはがんばってほしいですよね。

 そういえば日本のアニメやゲームってなにかと世界救いがちですが、これって国民性となにか関係があるんですかね? 海外のものってすごい力を持っていてもせいぜい町を救うくらいであんまり世界を救うってことはない気がするし……日本にはいわゆる世界系的な、個人と世界の結びつきが強烈な文化が根付いてるんですかねえ……。

     *

 さて、そんなわけでなにかと暗い話題が多い昨今ですが、元気出してがんばっていきましょう。

 では次回!

走り去ったあと。

0 Comments
藤崎悠貴
 三月になりました。

 二月はいろいろバタバタだったので、閏年を感じる間もなく過ぎ去った気がしております。


     *


 先日、諸事情あって古墳を見ました。

 古墳といえば昔のお墓。いまではひとつの歴史的建造物だけれど、昔はひとつひとつの思いがこもったものだったわけで。

 それを千年以上のときを経てだれかが眺めているというのは、命の繰り返しというか、時間の積み重ねとその地層にあるひとつひとつの命、ひとりひとりの人間というものを感じることができました。

 しかしそれは、その気になればいつでも感じることができるものでもあって、なにを感じるか、なにを考えるかは常に自分次第なんだなということも思い知らされた気がします。

 いろんなことを敏感に感じ、考えることが幸せなのかというと、意外と鈍感に生きているほうが幸せだったりするのかもしれませんが……これもひとつの知的好奇心、人間の性というものでしょうか。


     *


 そんなわけで三月でした。

 今月こそ緩やかに、ゆっくりと暮らしたい……。

 では次回!

にににん。

3 Comments
藤崎悠貴
 みなさまおはようございます、藤崎です。

 気づけば二月になっていました。一月はどこへ行ったのでしょう。ぼくの感覚ではまだ一月十五日くらいなのですが。


     *



 世間では新型コロナウイルスがえらいことになっております。

 こういう事態になる度バイオハザードやThe Last of Usを思い出してしまうぼくなのですが、あそこまで極端ではなくとも変異したウイルスがすこしずつ地球上に広がっていくというのはごく日常的に起こっている事態なわけで、ウイルスや細菌という目に見えない微小生物の恐ろしさを実感しますね。

 しかし人間にとってウイルスや細菌が微少な生物として存在しているように、人間よりはるかに巨大な生物が存在したとすれば人間もまたそうした生物にとって微少な生物なわけでして、地球に寄生する病原体のように捉えることも不可能ではなく、となれば人間が文明を進歩させてほかの惑星へ移住したりするというのはウイルスが変異を繰り返しつつほかの宿主に移っていくのと同じですから、なんというか生命というのは全体としてフラクタル的な形状をうんぬんかんぬん。

 とにかく、マスク、手洗いなんかを徹底し、がんばりましょう。インフルエンザやらほかの風邪やらも流行っておりますし。



     *


 そんなわけで二月でした。

 二月のまたあっという間に過ぎ去っていくんだろうなあ……恐ろしや。

 また次回!

新年あけましておめでとうございます。

0 Comments
藤崎悠貴
 新年あけましておめでとうございます。
 昨年は大変お世話になりました。
 本年もよろしくお願いいたします。


     *


 餅、食べてますか?

 コタツでミカン、堪能してますか?

 年末年始のテレビ特番、楽しんでますか?

 ぼくは餅以外は正月らしいことを味わっておりませんが、しかしわりかし穏やかな年末を過ごしておりました。

 去年は体調的にいまいちだったので、今年は健康第一を掲げてやっていきたいと思います。

 ほんと、体がどうにもならないと、それ以外のことはなんにもできませんもんね。


     *


 今年はオリンピックイヤー。

 とはいえさほど興味が持てず、当然ながらオリンピックに関係もしてないぼくなので、なんだか世間の流れについていけずにいます。

 まあ世間もなんとかしてオリンピックを盛り上げる方向に動いているわけで、実際に心からオリンピックが楽しみだというひとがどれくらいいるのかわかりませんが。

 でもおそらく生きているうちでは最後の日本開催の夏季オリンピックなので、夏までに興味を持っていきたいと思います。


     *


 それでは普段となんら代わり映えしない内容ではありますが、新年一発目のブログはここまで。

 今年も早い段階で一本くらいは小説を公開したい! がんばります!

 というわけでまだ次回!