FC2ブログ

Index

15: 小説目録

   小説目録   注意:目録内には十八

  •  26
  •  0

321: よはくのびがく

 七月になりました。 ご機嫌いかがでしょ

  •  0
  •  0

320: 徒然

 もう六月になってしまいました。 おはよ

  •  0
  •  0

319: 眠れる日

 五月になりました。みなさまいかがお過ご

  •  0
  •  0

318: フーリー。

 みなさまおはようございます、藤崎です。

  •  0
  •  0

317: 走り去ったあと。

 三月になりました。 二月はいろいろバタ

  •  0
  •  0

316: にににん。

 みなさまおはようございます、藤崎です。

  •  6
  •  0

315: 新年あけましておめでとうございます。

 新年あけましておめでとうございます。 

  •  0
  •  0

314: じゅうにがつ

 十二月になりました。 お世話になってお

  •  0
  •  0

313: 或る在り方

 十一月ですね。みなさまおはようございま

  •  0
  •  0

312: 終わらない夏

 みなさまおはようございます、藤崎です。

  •  0
  •  0

311: もろもろ

 みなさまおはようございます、藤崎です。

  •  3
  •  0

310: はちがあああつ!

 おはようございます、藤崎です。 八月に

  •  0
  •  0

309: おーまいがー。

 気づけば七月。 丸二週間くらい意識不明

  •  0
  •  0

308: たんぺん

 みなさまおはようございます、藤崎です。

  •  0
  •  0

302: 新時代の幕開けである。

 みなさまおは令和。 五月になったと同時

  •  0
  •  0

301: 四月一日。

 おはようございます、藤崎です。 今月も

  •  2
  •  0

300: 走り去る二月。

 おはようございます、藤崎です。 三月に

  •  0
  •  0

299: 振り返り。

 先日「汝、光のなかを進め」の最終話を更

  •  6
  •  0

293: にがーつ。

 「にがーつ」と書くと「苦ひとつ」みたい

  •  0
  •  0

288: 第一部・完! 的な感じの雰囲気のサムシング。

 「汝、光のなかを進め」十三話、更新しま

  •  4
  •  0

285: へへへい、へへへい。

 「汝、光のなかを進め」の第十一話、こち

  •  6
  •  0

279: なにがいいかな♪ なにがいいかな♪

 てれててってー、てれてて! というわけ

  •  0
  •  0

275: ふらいんぐ

 くだんのアイドルもの長編の第三話、こち

  •  4
  •  0

272: ヘビの足。

 アイドルの話はちょっと時間がかかりそう

  •  0
  •  0

270: 2019。

 みなさま、新年明けましておめでとうござ

  •  0
  •  0

269: うおおおおっ!

 気づけば! 12月も6日になってるじゃな

  •  2
  •  0

268: ハロウィンは死んだ、繰り返す、ハロウィンは死んだ。

 そういうわけでハロウィンに生まれし魑魅

  •  2
  •  0

267: やのごとーし

 最近、月日の流れに恐怖しか感じないので

  •  0
  •  0

266: くがつ。

 みなさまおはようございます、藤崎です。

  •  0
  •  0

265: まなつ。

 みなさまおはようございます。藤崎です。

  •  0
  •  0

264: 七月。

 おはようございます、藤崎です。 なんだ

  •  0
  •  0

263: ろくがつ。

 知らぬ間に六月である。 本当は今月、シ

  •  2
  •  0

262: はあああん!

 世間のゴールデンなウィークを呪いながら

  •  0
  •  0

261: ナニモ、オモイツカヌ。

 みなさまおはようございます。 藤崎です

  •  0
  •  0

260: 二月総括。

 おはようございます、藤崎です。 二月も

  •  2
  •  0

259: 二月。

 月日の流れは速いもので、もう二月です。

  •  2
  •  0

258: ふぁふぁふぁ。

 わしは歳神じゃ。 今年も一年よろしくと

  •  0
  •  0

256: ふぉふぉふぉ。

 ふぉふぉふぉ、わしはサンタじゃ。 今年

  •  0
  •  0

250: ははあー。

 十二月である。 いつからだろう、十二月

  •  2
  •  0

249: はああやっちまったああ!

 みなさまおはようございます、藤崎です。

  •  0
  •  0

232: リニューアル模索中。

 みなさまおはようございます、藤崎です。

  •  4
  •  0

226: なつのおわり。

 みなさまおはようございます。藤崎です。

  •  2
  •  0

225: なつ。

 今日から八月ってことをすっかり忘れてた

  •  0
  •  0

224: 傾向と対策。

 みなさま、おはようございます。 七月で

  •  0
  •  0

223: 死後物語。

 ふふふ、どうです、驚きましたか? まさ

  •  2
  •  0

222: ころがる

 六月になりました。 おはようございます

  •  2
  •  0

221: はるがおわる……。

 五月です。 どうもおはようございます。

  •  4
  •  0

220: エイプリル

 四月ですね。 なんでしょうか、つい最近

  •  0
  •  0

219: イズンの林檎。

 みなさま、おはようございマッスル。もと

  •  9
  •  0

218: うぇーい。

 このところちょっとした作業に手がかかっ

  •  2
  •  0

217: ににに。

 いつもどおり一ヶ月のご無沙汰でありまし

  •  0
  •  0

216: あけました。

 おめでとうございました。   * とい

  •  0
  •  0

290: 第十四話 わたしはここにいます

     汝、光のなかを進め     第

  •  1
  •  0

289: 第零話 あの日のこと

     光のなかを進め     第零話

  •  0
  •  0

287: 第十三話 はじまりのおしまい

     汝、光のなかを進め     第

  •  2
  •  0

286: 第二十二話 お客さまが必要なんです

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

284: 第十一話 失うもの、得るもの

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

283: 第十話 実験台が必要です

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

282: 第九話 運命の出会いなんてあるんでしょうか

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

281: 第八話 三者三様でよろしいですね

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

280: 第七話 あなたは誰ですか?

     汝、光のなかを進め     第

  •  3
  •  0

278: 第六話 あなたは美しいです

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

277: 第五話 初舞台

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

276: 第四話 旅に出ましょう

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

274: 第三話 えこひいきはよくないと思います

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

273: 第二話 歌を唄いましょう

     光のなかを進め     第二話

  •  0
  •  0

271: 第一話 はじめまして

     光のなかを進め     第一話

  •  0
  •  0

257: I'm Tuna!

   I'm Tuna!  1 その瞬間、おれは

  •  4
  •  0

255: Invisible One

   Invisible One  1 ――ある日の夕

  •  0
  •  0

254: polyphonic summer / songbird

   polyphonic summer / songbird  0

  •  0
  •  0

253: polyphonic summer / memory's end of worlds end

   polyphonic summer / memory's end o

  •  0
  •  0

252: polyphonic summer / falling down, falling down

   polyphonic summer / falling down,

  •  0
  •  0

251: polyphonic summer / reflected voice

   polyphonic summer / reflected voic

  •  0
  •  0

215: ゆりゆりー!

 平素よりお世話になっております。藤崎で

  •  2
  •  0

213: 最後の最初

 みなさまおはようございます。藤崎です。

  •  2
  •  0

212: マモノ。

 さすがに朝晩と冷え込むようになってきま

  •  4
  •  0

248: ネバーランド・ミュージカ 第四話

   ネバーランド・ミュージカ  0 あ

  •  0
  •  0

247: ネバーランド・ミュージカ 第三話

   ネバーランド・ミュージカ  0 ――

  •  0
  •  0

245: ネバーランド・ミュージカ 第二話

   ネバーランド・ミュージカ  0 夢

  •  0
  •  0

244: やんでるっ 閑話5

   やんでるっ  閑話 5 種を蒔くひ

  •  0
  •  0

243: やんでるっ 閑話4

   やんでるっ  閑話 4 遠い空、い

  •  0
  •  0

242: やんでるっ 閑話3

   やんでるっ  閑話 3 サマーデイ

  •  0
  •  0

241: やんでるっ 閑話2

   やんでるっ  閑話 2 追憶の夕暮

  •  0
  •  0

240: やんでるっ 7

   やんでるっ  7 終末の調べ  7-

  •  0
  •  0

239: やんでるっ 6

   やんでるっ  6 花火とあなたの横

  •  0
  •  0

238: やんでるっ 5

   やんでるっ  5 夏だ海辺だ水着美

  •  0
  •  0

237: やんでるっ 4

   やんでるっ  4 子猫と雌猫  4-

  •  0
  •  0

236: やんでるっ 3

   やんでるっ  3 童心の日  3-1

  •  0
  •  0

235: やんでるっ 2

   やんでるっ  2 嵐の夜  2-1 

  •  0
  •  0

234: やんでるっ 1

   やんでるっ  1 第一次接近遭遇 

  •  0
  •  0

233: やんでるっ 0

   やんでるっ  0 たとえばこんな日

  •  0
  •  0

211: 秋のはじまり

 先月夏の終わりと書いたわりにまだまだ暑

  •  2
  •  0

230: 短編(アダルト)

短編(アダルト)炎のしずく[兄妹][ダーク]

  •  0
  •  0

210: 夏の終わり。

 社長のみなさん、九月ですよ。 というわ

  •  4
  •  0

231: 長編(アダルト)

長編(アダルト)汝、光のなかを進めnew![

  •  0
  •  0

229: 長編(ノンアダルト)

長編(ノンアダルト)やんでるっ![現代][

  •  0
  •  0

228: 短編(ノンアダルト)

短編(ノンアダルト)彼女と彼とさざなみと

  •  0
  •  0

209: 守れない約束はしない

 前回、せめて八月上旬には更新したい、と

  •  0
  •  0

208: 孤独な数字

 狙ったわけではないのですが、前回の更新

  •  2
  •  0

207: 有言実行

 ちゃんと有言実行していきたいものですね

  •  2
  •  0

205: やればできるんです。

 どうです、びっくりしました? まさかの

  •  0
  •  0

204: 恒例になりつつありますが

 もっとブログを書きたい、更新したいと言

  •  0
  •  0

307: 始発電車

     始発電車 セーラー服のなかに手

  •  0
  •  0

306: ワイヤード

     ワイヤード 他人の気配がする。

  •  0
  •  0

305: ノスタルジア

     ノスタルジア 私の兄は人類最後

  •  0
  •  0

304: せめては雲の上から

     せめては雲の上から 昔小学校の

  •  0
  •  0

303: アンプラグド

     アンプラグド レンガの建物だっ

  •  0
  •  0

203: あっと

 あっという間に時はすぎるものでして、早

  •  0
  •  0

202: やったった。

 前の記事でBloodborneむずかしすぎだろと

  •  0
  •  0

201: 社長のみなさん、三月ですよ

 今年は閏年ということで二月が一日多いの

  •  0
  •  0

200: なんいど

 このところ積みゲーを消化しておりまして

  •  0
  •  0

199: せっかくなので。

 せっかく新年ということで、さすがにあの

  •  2
  •  0

192: あけました。

 あけました。 おめでとうございました。

  •  2
  •  0

298: 第二十一話 さよならは言わないで

     汝、光のなかを進め     第

  •  7
  •  0

297: 第二十話 未来の行方

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

296: 第十九話 わたしたちは止まれません

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

295: 第十八話 閑話休題

     汝、光のなかを進め     第

  •  2
  •  0

294: 第十七話 わたしはあなたであなたはわたし

     汝、光のなかを進め     第

  •  2
  •  0

292: 第十六話 あの日の続き

     汝、光のなかを進め     第

  •  2
  •  0

291: 第十五話 あの頃に戻れたら

     汝、光のなかを進め     第

  •  0
  •  0

191: あわあわ

 先月あたりから「今年もそろそろ終わりら

  •  2
  •  0

214: さよなら、地球

   さよなら、地球  1 エンジンがふ

  •  0
  •  0

190: 十二月

信じられないのですが、どうやらもう十二月

  •  7
  •  0

189: 自己満足

 前回の記事で、いまさらながらアイドルマ

  •  1
  •  0

188: こかつ。

 ブログのネタが恐ろしく枯渇している。 

  •  0
  •  0

185: なつのおわり

 八月もほとんど終わってしまいましたね。

  •  4
  •  0

184: 燃え尽きよ太陽

 いつもお世話になっております、毎日暑い

  •  0
  •  0

183: こまごましたいろいろなもろもろ。

 地元をがっつり直撃した台風も過ぎ去り、

  •  6
  •  0

182: 社長のみなさん、七月です。

 そういうわけで七月ですね。 七月になる

  •  4
  •  0

206: 死ぬまでにしたい10のこと。

   死ぬまでにしたい10のこと。  0 

  •  6
  •  0

181: 宣伝失礼。

 オシリス文庫様から電子書籍がひとつ、発

  •  0
  •  0

180: なめくじ

 なんだかよくわからん話を書いた。 この

  •  0
  •  0

178: わすれておった

 最近ついったーを再開したのでした。 昨

  •  0
  •  0

177: まほーまほー

 突然だが、近ごろ悩んでいる。 更新が滞

  •  8
  •  0

174: 気づけば遠く

 ご無沙汰しております、藤崎です。 風邪

  •  4
  •  0

173: ういうい

 知り合いが病気をした。 ひょっとすると

  •  0
  •  0

172: 無題

 桜が咲いている。 しかしちょうど雨が多

  •  0
  •  0

171: し・ろ・ば・こ。

 前に一度記事として書いたSHIROBAKOとい

  •  2
  •  0

170: 貫け己の魂を!

 みなさま、ゲームはお好きだろうか? ぼ

  •  2
  •  0

168: タイトロープの美しさ

 ぼくは危ういものが好きです。 崩れ去る

  •  0
  •  0

167: リアルとリアリティとフィクションの境界線

 ここ最近、「SHIROBAKO」というアニメを

  •  0
  •  0

166: はっぴいなにゅういやあ

 新年明けましておめでとうございます。 

  •  0
  •  0

198: Wonder World

   Wonder World 私はアース。 量子並

  •  0
  •  0

197: Space Girls

   Space Girls いつの時代にも社会の

  •  0
  •  0

196: Secret Sisters

   Secret Sisters 自分の目で自分の姿

  •  0
  •  0

195: Naked Slumber

   Naked Slumber だいたい、おれは忘

  •  0
  •  0

194: Idoling

   Idoling そもそもの問題として、勉

  •  2
  •  0

193: Enchanted

   Enchanted 学校から帰ってきたら妹

  •  0
  •  0

165: うちはゾロアスター教徒です(まほうのじゅもん)

 ハッピーメリークリスマス! 昨日今日と

  •  0
  •  0

164: ぶさたぶさた

 十二月になりましたね。 冬ですね。 み

  •  1
  •  0

162: たとえばこんな

 ときは西暦二〇一四年。 世にいうアイド

  •  1
  •  0

161: ノベルゲームのおもしろさ

 相変わらずゲームをぽちぽち作っている。

  •  1
  •  0

160: 質感

 ゲーム作りが壁にぶち当たっている。 な

  •  0
  •  0

159: こうしん その十三(終)

 真夏のディアキネシス、最終話更新いたし

  •  2
  •  0

157: こうしん その十二

 真夏のディアキネシス十二話、更新しまし

  •  0
  •  0

187: フィギュア

   フィギュア  0 現実世界はなんて

  •  0
  •  0

155: こうしん その十一

 真夏のディアキネシス、更新しました。 

  •  0
  •  0

186: コウソク・シマイ

   コウソク・シマイ  0 両手は二段

  •  0
  •  0

153: こうしん その十

 真夏のディアキネシス、更新しました。 

  •  0
  •  0

151: こうしん その九

 真夏のディアキネシス第九話、更新しまし

  •  0
  •  0

149: こうしん その八

 真夏のディアキネシス、第八話更新いたし

  •  0
  •  0

147: こうしん その七

 真夏のディアキネシス第七話、更新しまし

  •  0
  •  0

145: こうしん その六

 真夏のディアキネシス第六話、更新しまし

  •  0
  •  0

143: こうしん その五

 真夏のディアキネシス、第五話更新いたし

  •  0
  •  0

141: こうしん その四

 真夏のディアキネシス、更新しました。ど

  •  0
  •  0

139: こうしん、その三

 真夏のディアキネシス、更新しました。見

  •  0
  •  0

137: こうしん、その二

 真夏のディアキネシス、更新いたしました

  •  0
  •  0

135: こうしん

 新しい小説、「真夏のディアキネシス」の

  •  0
  •  0

133: あせり

 外付けハードディスクが突然認識しなくな

  •  0
  •  0

132: ちょいまち

 もうちょっとで新しい小説を更新できそう

  •  0
  •  0

179: 山のなかの青白いなめくじの話

   山のなかの青白いなめくじの話 上京

  •  0
  •  0

130: E3

 アメリカでE3が開幕中である。 ゲーム好

  •  0
  •  0

129: ぶつよく

 最近おもしろそうなゲームが立て続けに発

  •  0
  •  0

128: ハローサマー。

 マイクル・コーニイの「ハローサマー、グ

  •  2
  •  0

127: わすれもの

 先日の記事で本の並びという実にどうでも

  •  2
  •  0

176: 悪魔の卵

   悪魔の卵  0 悪魔を作れ。 そい

  •  0
  •  0

126: ツキイチ。

 そんなつもりもないのですが、月一ブログ

  •  0
  •  0

125: フールなエイプリル

 みなさまお元気ですか。 もう四月ですね

  •  2
  •  0

124: なつかしいもの

 このところ非常にどたばたしていて余裕が

  •  0
  •  0

123: ゲームゲーム!

 ここ最近――数日の話だが――ゲーム制作に燃

  •  6
  •  0

122: あけました。

 明けました。 おめでとうございました。

  •  2
  •  0

121: どんどどん

 早十二月である。 不愉快なのでその話は

  •  4
  •  0

120: ちょっと宣伝を失礼。

 なんやかんやのなんやかんやで、ペガサス

  •  0
  •  0

119: 南仏的かつアメリカ的なカントリー的あるいはポップス的なにか

 ぼくは旅行と呼べるようなものはほとんど

  •  2
  •  0

118: またたくま

 ご無沙汰しております。 当方元気に生き

  •  2
  •  0

158: 真夏のディアキネシス 13

   真夏のディアキネシス  最終話 ワ

  •  2
  •  0

156: 真夏のディアキネシス 12

   真夏のディアキネシス  第十二話 

  •  0
  •  0

154: 真夏のディアキネシス 11

   真夏のディアキネシス  第十一話 

  •  0
  •  0

117: お知らせ

 夏が終わったと思ったらこの二日ほど暑く

  •  10
  •  0

152: 真夏のディアキネシス 10

   真夏のディアキネシス  第十話 人

  •  0
  •  0

116: 夏の終わり

 気づけば暑くなくなっている。 どうやら

  •  2
  •  0

150: 真夏のディアキネシス 9

   真夏のディアキネシス  第九話 け

  •  0
  •  0

148: 真夏のディアキネシス 8

   真夏のディアキネシス  第八話 覚

  •  0
  •  0

146: 真夏のディアキネシス 7

   真夏のディアキネシス  第七話 ア

  •  0
  •  0

144: 真夏のディアキネシス 6

   真夏のディアキネシス  第六話 ク

  •  0
  •  0

115: なにかにつけて

 真夏である。 とにかく毎日暑く、今年は

  •  2
  •  0

142: 真夏のディアキネシス 5

   真夏のディアキネシス  第五話 フ

  •  0
  •  0

140: 真夏のディアキネシス 4

   真夏のディアキネシス  第四話 テ

  •  0
  •  0

138: 真夏のディアキネシス 3

   真夏のディアキネシス   第三話 

  •  0
  •  0

136: 真夏のディアキネシス 2

   真夏のディアキネシス  第二話 エ

  •  0
  •  0

114:

 ぼくたちは茫洋の海を進む。 不安の霧が

  •  2
  •  0

134: 真夏のディアキネシス 1

   真夏のディアキネシス  第一話 昨

  •  0
  •  0

113: おうおう

 ところで、猫好きには変なやつが多いらし

  •  2
  •  0

112: めいめい

 小説というからには文章である。 文章で

  •  0
  •  0

111: どろどろ

 議論というのはむずかしい。 こんな入り

  •  2
  •  0

110: もわもわ

 暑い。 関西地方はこの二日ほど地獄のよ

  •  2
  •  0

108: なにやら

 先日、ぼくが住んでいる地域で梅雨入りが

  •  0
  •  0

107: ウロボロス

 また若干のお久しぶりになってしまった。

  •  4
  •  0

106: こどもの日

 今日はこどもの日だった。らしい。 子ど

  •  2
  •  0

98: 激闘

 丸一週間ほど、恐ろしい敵と戦っていた。

  •  6
  •  0

97: あれやこれやそれやどれや

 最近のこと、その一。 お花見は今年もで

  •  2
  •  0

96: エイプリルフールとシンクロ率

 エイプリルフールである。 一年のうちで

  •  2
  •  0

89: 内在するなにか

 ここ三日くらい小説が書けぬ。 理由はわ

  •  2
  •  0

88: 完結

 花粉が飛んでいる。 それはもう、大攻勢

  •  0
  •  0

75: まさかの広告

 小説のほうは二日に一回くらいのペースで

  •  0
  •  0

59: ぼくでないぼく

 つい十分ほど前、コメントに対する返信と

  •  4
  •  0

56: 飽き症

 基本的にぼくはものぐさで飽き症である。

  •  0
  •  0

46: 記事整理に伴うお知らせ

 今日、ちょっとしたひまがあったので、ブ

  •  0
  •  0

41: もろもろ

 正月休みも過ぎ去って、なんだか気分はも

  •  2
  •  0

34: 明けましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます。 

  •  0
  •  0

28: メリークリスマス

 年末である。 クリスマスではなく、あえ

  •  0
  •  0

16: あくまであくまという話

 このブログ上に、「あくまであくま」とい

  •  0
  •  0

13: 強くなろう

 心を強くしたい、と最近ぼんやり考えたり

  •  0
  •  0

12: フロイト的な

「今度こそ、しっかりしたファンタジーを書

  •  2
  •  0

11: 音沙汰

 しばらくのご無沙汰だった。 なにをして

  •  0
  •  0

9: ファンタジーゾーン

 「小説家になろう」というサイトのほうに

  •  2
  •  0

8: 書き書き

 日々書いている。 だいたい毎日、書いて

  •  0
  •  0

6: ストーリーの重要性

 ぼくはいままで、文章至上主義でやってき

  •  2
  •  0

5: 結末分岐

 ある選択肢を取るということは、ほかの選

  •  2
  •  0

3: オリンピックと音楽

 ロンドンオリンピックの開会式を見た。 

  •  0
  •  0

2: 休みはこわい

 いま書いている小説が、だいたい昨日の夜

  •  0
  •  0

1: 抱負とか別にない

 そもそも、なんか書きたいな、とは常に思

  •  0
  •  0

109: ネバーランド・ミュージカ 第一話

   ネバーランド・ミュージカ  0 相

  •  0
  •  0

105: 沐浴

  1-6 沐浴 勉強会は、概ね予想どおり

  •  0
  •  0

104: 天使たちのサミット

  1-5 天使たちのサミット 日曜日、と

  •  0
  •  0

103: 審問

  1-4 審問 あたりにいい匂いが漂って

  •  0
  •  0

102: 先生が必要だ

  1-3 先生が必要だ 早紀と別れたあと

  •  0
  •  0

101: 同類

  1-2 同類 明らかにとぼとぼと歩いて

  •  0
  •  0

100: 地獄への招待状

  1 第一次接近遭遇  1-1 地獄への

  •  0
  •  0

99: やんでるっ 閑話1

  閑話 1 暴かれた世界 わだかまった

  •  0
  •  0

94: タイルの上の攻防

  0-4 タイルの上の攻防 雨はすっかり

  •  0
  •  0

93: 死の先輩

  0-3 死の先輩 偏差値がいささか低い

  •  0
  •  0

92: クラスメイト

  0-2 クラスメイト 大上幸人は家を出

  •  0
  •  0

91: 目覚めは命がけ

  0 たとえばこんな日常で  0-1 目

  •  0
  •  0

87: 愛の夢

   愛の夢 だれかの声。 息を潜める。

  •  0
  •  0

86: あくまであくま 51

  51 実房は瞼を焼くような眩しさに目を

  •  4
  •  0

85: あくまであくま 50

  50 夜半になる。 暗い空から地上の一

  •  0
  •  0

77: あくまであくま 49

  49 人間に対する魔力の影響は、もっと

  •  0
  •  0

76: あくまであくま 48

  48「ちょ、ちょっと待って――いろいろ待

  •  0
  •  0

74: あくまであくま 47

  47 今後は悪魔陣営と神、すなわち天使

  •  2
  •  0

73: あくまであくま 46

  46 遠からず神も潰すが、その前に悪魔

  •  0
  •  0

72: あくまであくま 45

  45 青々とした蔦の這う荘厳な扉を抜け

  •  0
  •  0

71: あくまであくま 44

  44 五人の女悪魔がベッドに横たわる。

  •  0
  •  0

70: あくまであくま 43

  43 ここは悪魔の溜まり場か、とジブリ

  •  2
  •  0

69: あくまであくま 42

  42 アリエルは耳を疑った。 ――神を倒

  •  2
  •  0

68: あくまであくま 41

  41 ふたりの唇がゆっくりと離れる。 

  •  0
  •  0

67: あくまであくま 40

  40 ジブリールは時間の止まった教室を

  •  2
  •  0

66: 炎のしずく

   炎のしずく それは恋でも愛でもなか

  •  0
  •  0

65: あくまであくま 39

  39「悪魔の力を使って性欲を満たす方法

  •  2
  •  0

64: あくまであくま 38

  38 教室はつかの間の休憩に騒がしく揺

  •  2
  •  0

63: あくまであくま 37

  37 アリエルがラミアの手と張形でもっ

  •  0
  •  0

62: あくまであくま 36

  36 廊下は薄暗かったが、その先のリビ

  •  0
  •  0

61: あくまであくま 35

  35 メルはティッシュでヴァギナを拭き

  •  2
  •  0

60: あくまであくま 34

  34 頭を下げるメルは、なまりも相まっ

  •  0
  •  0

58: あくまであくま 33

  33 レヴィと実房は、ひとつのベッドに

  •  4
  •  0

57: あくまであくま 32

  32 いかにも親しげに、「やあ」 なん

  •  0
  •  0

54: あくまであくま 31

  31 ときの流れは不思議なもので、意識

  •  0
  •  0

53: あくまであくま 30

  30 二日経ち、三日がすぎる。 明けて

  •  0
  •  0

52: あくまであくま 29

  29「これは、一種の催眠として使えるん

  •  0
  •  0

51: あくまであくま 28

  28 実房の身近には、いい実験台がいた

  •  0
  •  0

50: あくまであくま 27

  27「だから――んんっ――こ、この公式は――

  •  0
  •  0

49: あくまであくま 26

  26 レヴィの細い指先が実房の額を離れ

  •  0
  •  0

48: あくまであくま 25

  25 基本的には鳥かご作戦を踏襲した罠

  •  0
  •  0

47: あくまであくま 24

  24 天使アリエルを捕まえることは、決

  •  0
  •  0

45: あくまであくま 23

  23 実房の、文字どおりの魔の手は、当

  •  2
  •  0

44: あくまであくま 22

  22 実房の「楽しみ」には、いくらか準

  •  0
  •  0

43: あくまであくま 21

  21 名前も知らない共犯者からのビデオ

  •  0
  •  0

42: あくまであくま 20

  20 儀人は珍しく、授業に身が入らなか

  •  0
  •  0

39: あくまであくま 19

  19 数日というもの、金沢儀人は普段と

  •  0
  •  0

38: あくまであくま 18

  18 金沢儀人は部活動をしておらず、授

  •  0
  •  0

37: あくまであくま 17

  17 レヴィの身体ははじめから潤い、膣

  •  0
  •  0

36: あくまであくま 16

  16 秋の夕暮れのような数日であった。

  •  0
  •  0

33: あくまであくま 15

  15 聖絵とのことが終わったあと、実房

  •  0
  •  0

32: あくまであくま 14

  14「ななな――」 聖絵が布団を引っ被る

  •  1
  •  0

31: あくまであくま 13

  13 九月も半ばだが――秋の気配は、まだ

  •  0
  •  0

30: あくまであくま 12

  12 昼休みを挟んでの六限目が数学であ

  •  2
  •  0

29: あくまであくま 11

  11 実房の欲望には際限がなかったが、

  •  0
  •  0

27: あくまであくま 10

  10 授業がはじまる前の教室は、いつで

  •  0
  •  0

25: あくまであくま 9

  9 槌谷実房は、さすがに度を越した女

  •  0
  •  0

24: あくまであくま 8

  8 夏は早くに夜が明け、なかなか暮れ

  •  0
  •  0

23: あくまであくま 7

  7 食堂は変わらず騒がしかったが、実

  •  0
  •  0

22: あくまであくま 6

  6 チョークが黒板を叩く音は、ハイヒ

  •  0
  •  0

21: あくまであくま 5

  5 ひとびとは、地面からぬっと生え出

  •  0
  •  0

20: あくまであくま 4

  4 テレビゲームでいうところのレベル

  •  0
  •  0

19: あくまであくま 3

  3 実房はその日、顔色ひとつ変えず、

  •  0
  •  0

18: あくまであくま 2

  2 実房は、ははあ、と得心したように

  •  0
  •  0

17: あくまであくま 1

  1 槌谷聖絵の目覚ましは、兄の声であ

  •  0
  •  0

14: あくまであくま 0

   あくまであくま  0 槌谷実房は、

  •  0
  •  0

10: 彼女と彼とさざなみと

   彼女と彼とさざなみと 彼女は白いお

  •  0
  •  0