FC2ブログ

書庫的ななにか

Archive2011年09月 1/1

彼女と彼とさざなみと

No image

   彼女と彼とさざなみと 彼女は白いお屋敷に住んでいました。 海辺の街の、いちばん海に近い一角で、窓を開けているとわずかにさざなみが聞こえてくるお屋敷でした。 彼女は海に近いという一点でこのお屋敷が好きではありませんでしたが、いつも一階の窓辺に座っていました。 ピアノがそこにあったのです。 彼女は背もたれのない椅子にちょこんと座り、背筋を伸ばし、大人びた横顔を窓に向け、いつもピアノを弾いていまし...

  •  0
  •  0