FC2ブログ

書庫的ななにか

Archive2012年07月 1/1

オリンピックと音楽

No image

 ロンドンオリンピックの開会式を見た。 早起きなんぞ肥溜めに捨ててしまえ、というどうしようもないだめ人間の一員であるぼくは、当然録画、再放送で見た。 なので、入場行進のあとにポール・マッカートニーの演奏があるよ、という話は事前に聞いていて、あのひたすらに長い、興味深いけど単調な入場行進で焦らされまくったあげくの「Hey Jude」だった。 出だし、若干の音声の不手際があったのだが、演奏と歌唱そのものはすば...

  •  0
  •  0

休みはこわい

No image

 いま書いている小説が、だいたい昨日の夜で大詰めを終えて、あとは仕上げをちょいちょいと書くだけ、という段になった。 その時点でもうだめなのだ。 明日には終わる、という段階でそわそわしはじめて、実際に今日、朝のうちに書き終わったのだが、書き上がったうれしさよりも「次はどうしよう」という焦燥感のほうが強く、達成感というものがまったくない。 ひとつ終わったら、また次のなにかを探さなければならない。 人生...

  •  0
  •  0

抱負とか別にない

No image

 そもそも、なんか書きたいな、とは常に思うぼくなのである。 それが小説であれ、別のものであれ、なにかしらの文章を書きたい欲は際限なく、それは自分の意見を表明したいとか、なにかしら意義のある一大事業を成功させたいとかいうことではなくて、ただ文字を綴りたいだけなのであって、内容的なものは正直なんでもよく、まあ言ってみればただの文章的変態といっても差し支えないのだけれども、それと断じてしまうのは自分でも...

  •  0
  •  0