FC2ブログ

書庫的ななにか

Archive2012年12月 1/1

メリークリスマス

No image

 年末である。 クリスマスではなく、あえてそう言いたい。 毎年のことだが、クリスマスよりも年末だというほうが大事なのだ。 なんだかんだと行事も立てこんで、世間も忙しいが、ぼくは相変わらず小説ばかり書いている。 マヤの予言は、人類滅亡や地球消滅ではなく、クリスマスに浮かれている連中がみんな風邪をひく、とかだったら全身全霊で信じたのに。 最近はFF13をぽつぽつやっている。 クリアしていないゲームがたくさ...

  •  0
  •  0

あくまであくまという話

No image

 このブログ上に、「あくまであくま」という小説を載せはじめた。 タイトルはあまり深く考えないでいただきたい。 意味はとくにない。 つまりは普段どおりだ。 内容的に、以前に書いた「時を止めて」という話とかなり被っている。 ネタはほとんど同じだが、主人公がちがうので、行き着くところも当然ちがってくると思う。 同じ時系列でもないし、同じ世界観でもないから、ネタを使いまわして別の話を書いていると考えていた...

  •  0
  •  0

強くなろう

No image

 心を強くしたい、と最近ぼんやり考えたりしている。 ちょっとしたことでは揺れない心を手に入れたい、ということだ。 そもそも小説というのは事務仕事のようにコンスタントに書くべきなのか、それとも一種の芸術表現として書けると思ったときに書くべきなのか、という問題もある。 コンスタントに書くなら、一瞬の燃焼ではなく、蝋燭のようにすこしずつ一定の速度で燃えていく必要がある。 体調や気分に左右されず、毎日同じ...

  •  0
  •  0