FC2ブログ

走り去ったあと。

0 Comments
藤崎悠貴
 三月になりました。

 二月はいろいろバタバタだったので、閏年を感じる間もなく過ぎ去った気がしております。


     *


 先日、諸事情あって古墳を見ました。

 古墳といえば昔のお墓。いまではひとつの歴史的建造物だけれど、昔はひとつひとつの思いがこもったものだったわけで。

 それを千年以上のときを経てだれかが眺めているというのは、命の繰り返しというか、時間の積み重ねとその地層にあるひとつひとつの命、ひとりひとりの人間というものを感じることができました。

 しかしそれは、その気になればいつでも感じることができるものでもあって、なにを感じるか、なにを考えるかは常に自分次第なんだなということも思い知らされた気がします。

 いろんなことを敏感に感じ、考えることが幸せなのかというと、意外と鈍感に生きているほうが幸せだったりするのかもしれませんが……これもひとつの知的好奇心、人間の性というものでしょうか。


     *


 そんなわけで三月でした。

 今月こそ緩やかに、ゆっくりと暮らしたい……。

 では次回!
スポンサーサイト
[PR]

藤崎悠貴
Posted by藤崎悠貴

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply